社会保険労務士 通信教育比較ランキング

社会保険労務士 通信教育比較ランキング

社会保険労務士に合格したければ、通信教育を受講して下さいとお話しました。
ですが、通信教育といっても色々あるので、何処が本当に合格できるのか
わからないと思います。

そこで、このページでは社会保険労務士に合格できる通信教育を比較して
ランキングにしました。
是非、参考にして下さい。

第1位 フォーサイト

受講料の安さと教材の質の高さは、資格の通信教育で群を抜いています。
具体的には、通信教育専用にハイビジョン撮影したDVD講義、フルカラーのテキスト、
e-ランニングなど、これらは資格の通信教育でフォーサイトしか採用していません。
そして、これらの教材を使うことの学習効果は高く、社会保険労務士の合格率は
全国平均を上回っています。

また、受講料は、教室を持たなくて、広告宣伝をほとんどしないので、
かなり低額になっています。
社会保険労務士に短期間で、しかもお金をあまり使わなくて合格したいのなら、
非常にオススメ出来ます。
⇒フォーサイトの公式サイトはコチラ

第2位 ダイエックス

資格学校と言えば、大原、LEC、TACなどをイメージすると思いますが、
ダイエックスもそれらの学校に負けず劣らずの実力を持っています。
特に良いのが、マンツーマンで添削指導してくれることです。

通信教育で一番重要なのは教材で、その次が受講生のサポートです。
そこがしっかりとしていれば、勉強がわからなくても、学習法に迷っても解決する事が出来ます。
また、モチベーションを保つ事もできます。

但し、テキストが文章型なのと、講義が教室講義をそのまま撮影しているので、
教材の質はいまいちかも知れません。
⇒ダイエックスの公式サイトはコチラ

第3位 資格の大原

大原の特徴は満点を狙わない合格点主義のことと、本試験の的中率が高い事です。
資格学校のほとんどは満点を狙うカリキュラムが組まれているので、
学習量が多くなり、挫折する傾向にあります。

しかし、大原は確実に出題されそうな分野を重点的に学習し、
しかもその的中率も講師陣が最新のデーターを分析しているので高くなります。

ただ、これは大原に限らず、全ての学校に言えることですが、
教材の質が通信向けでないのが欠点です。

例えば、「教室講義をそのまま撮影したDVD講義」、「通信教育専用に撮影していてもハイビジョン撮影ではない」、「白黒のテキスト」などです。
これらのような教材だと通信で効果的な学習ができるとは言えません。

また、受講料も高くなります。
ですが、人気の学校であることは間違いありません。
⇒大原の公式サイトはコチラ

⇒社会保険労務士の業務が分かるインタビュー特集