社会保険労務士の具体的な勉強法は?

社会保険労務士勉強法の具体例

社会保険労務士はどのような勉強をすれば効率的なのか、良く聞かれます。
しかし、それは人それぞれ違うのでどの方法が良いのか、
一概に言えません。

例えば、ひたすら書いて覚える人もいますし、聞いて覚える人もいます。
また、朝勉強する方が効果的という人もいますし、夜のほうが勉強しやすいと言う人もいます。
つまり、人それぞれ効果的な方法は違うのです。
ですから、自分が勉強しやすい方法が一番良いと思います。

しかし、それでもあえて言うとすれば、講義を視聴しながら勉強すると言う事です。

何か物事を覚えるときに効果的なのが、五感を使うことです。
それに例外はありません。

社会保険労務士の勉強で言えば、映像で見る、聴く、書くなどです。
これらのようなことを満たすのが映像でみる講義です(ライブ講義でも良い)

講義を視聴することが出来れば、
講師や黒板を見ながら学習できるので、より記憶に残り、しかも法律も理解しやすくなります。

また、講師に言われた重要なことは、メモをしながら勉強する事で、
動くと言うことも取り入れられ、さらに記憶に残ります。

それを出来るのは映像でみる講義だけで、テキストやCD講義では出来ません。

もちろん、テキストやCD講義も重要ですし、
特にテキストは、映像講義と同じくらい重要です。

しかし、それは映像で見る講義があることが前提で、テキストだけでは非効率な学習になり、
法律を理解する事も困難です。

ですので、絶対に映像でみる講義を用意して下さい。

講義があるとないとでは勉強時間や勉強の理解度が大きく違ってきます。
そして何より、合否に影響してきます。
そのことは絶対に忘れないで下さい。

⇒社会保険労務士の業務が分かるインタビュー特集