社会保険労務士はどのような勉強をすれば良いのか?

社会保険労務士の勉強法は?

ここで言う社会保険労務士の勉強と言うのは、
「通信教育」「独学」「資格学校」のことを言います。

まず結論からいうと、通信教育で勉強して下さい。
何故なら、それが最もリスクなく、合格できる可能性が高いからです。
間違っても独学で勉強しないで下さい。

資格試験というのは、試験に合格できるか、出来ないかが全てです。
ぎりぎりで合格しようとも何時間勉強しようともどれだけ知識を覚えようとも関係ありません。
試験に合格すればそれで良いのです。

どんなに勉強しても知識を身に付けようとも試験に合格できなければ、誰も認めてくれませんし、社会保険労務士にもなれません。
それが現実です。

しかし、そのように言う、しっかりと知識を覚えなくては、社会保険労務士になっても何もわからないと言います。
確かに、知識をしっかりと覚えておけば、社会保険労務士の仕事をした時に
有利になるかもしれません。

しかし、現実は、テキストで勉強したことよりも、実践で学んだことの方が
はるかに約に立つ知識が身に付きます。

社会保険労務士なら誰でも言う事ですが、ほんとうに使える知識は実践でなければ見に付きません。
ですので、試験勉強は、実践で使えるとか、将来のためとかそんな事はどうでも良いのです。
試験に合格するためだけの勉強をすれば良いのです。

そのために、必要になるのが、通信教育です。
通信教育なら、毎年試験に出題されるような分野や学習ポイントを知る事が出来、
しかも講義を聞きながら学ぶ事が出来ます。

また、資格学校に比べて、受講料が格段に安く、金銭的なリスクも軽減されます。

これが独学ならどうでしょうか?

「講義も聞けないので、複雑な仕組みの法律をテキストだけで理解しなければならない」、
「出題ポイントもわからない」、「わからないことがあっても誰も教えてくれない」、
などと言った中で勉強しなければなりません。

もっとわかりやすく例えると、歩いて車と競争しているようなものです。
そのくらい独学と通信教育の違いがあります。

あなたがやらなければいけないのは、独学で勉強する事ではなく、
どうすれば試験に合格できるか考える事です。
そのマインドがなければ、社会保険労務士に絶対に合格出来ません。

⇒社会保険労務士の業務が分かるインタビュー特集