社会保険労務士の収入の裏側

社会保険労務士の収入の裏側

社会保険労務士として高額な収入を獲得している人の中には、
ダブルライセンスで行政書士の資格と併用しています。

というのも行政書士の特徴は、短期間で爆発的に収入を伸ばせる可能性があることです。
1件書類の作成をしたら、5万円~10万円くらいの報酬を得る事が出来ます。
しかも、書類作成事態それほど難しい物ではないので、慣れてくれば驚くほど短時間で作成できます。

しかし、その分欠点もあります。
それは、1回だけの付き合いが多くなり、収入が安定しないのです。
(毎月定期的に仕事をもらうケースもある)

対して、社会保険労務士は、行政書士のように短期間で爆発することは中々ありませんが、
企業と顧問契約をして仕事をすることが多いので、
収入が安定してやすくなります。

このように社会保険労務士と行政書士は、お互いのデメリットを補え合えるので、非常に相性が良いのです。

また、行政書士の資格を取得できれば、仕事の間口が広がり、数多くの仕事を獲得する事が出来るようになります。

これは全ての仕事に言えることですが、一番難しいのは新規顧客獲得です。
一度お付き合いしてくれれば、次の仕事をもらえる可能性が高くなり、
収入も劇的に伸ばしていけます。
そのためには、社会保険労務士だけではなく、行政書士の資格を獲得することも可能性を高める一つの方法です。

もちろん、はじめてから行政書士のことを考える必要はありません。
社会保険労務士と行政書士の試験を同時に合格するのは至難の業です。

しかし、将来的にはあなたの仕事の幅を広げるため、そして何より収入を伸ばすためには
非常に良い方法だと思います。

是非、このような方法があると頭の片隅にでも入れておいて下さい。

⇒社会保険労務士の業務が分かるインタビュー特集