社会保険労務士の収入は?

社会保険労務士の収入は?

まず、一般的な社会保険労務士の収入を紹介したいと思います。

「760万円」
上記が厚生労働省「賃金構造基本統計調査」による社会保険労務士の平均年収です。
高いと思うか低いと思うか人それぞれですが、
資格の中で5番目に高い年収となっています。

しかし、上記の年収はあくまでも平均で、実態と異なると思います。

まず、今の日本の年収構造について理解してほしいのですが、
その実態は、物凄く年収が高い人と低い人の差が激しくなり、中間があまりいません。

もっと言えば、ほとんどの方が平均にも達していない状態です。
もちろん、それは社会保険労務士に限らず、すべての資格に言えることです。
ですから、平均年収のそのもの事態意味がありません。

では、あなたが実際に社会保険労務士になれば、どのくらいの収入が見込めるかということになりますが、結論を言えばわからないとしか言いようはないと思います。
何故なら、それはあなたが会社を設立して、いくら売上が上がるか他人に聞いているようなものだからです。

どのくらい収入が見込めるかはあなたの頑張り次第としかいいようがありません。

しかし、それでも一つだけ言える事は、社会保険労務士になったら生活していけるだけの収入を十分に稼げる可能性があり、普通の会社員の何倍もの収入を稼ぐ事も可能です。
現に社会保険労務士は、平均年収2千万とか3千万円クラスがごろごろいますし、
そうした人は特別な才能があるわけではなく、普通の人達です。

そもそも、独立開業しようという人が、いくら年収が稼げるのか、気にしている事自体ナンセンスです。

独立するということは、毎月どのくらい収入が見込めるかわからない、仕事があるかわからにと言う状況を覚悟の上のことなので、収入がいくらもらえるかわからなければ動けない人には向きません。

それなら安月給でこき使われる会社員として頑張って下さい。

独立するということは、普通に起業しようが社会保険労務士だろうが変わりません。
社会保険労務士はあくまでも収入を得るための一つの手段しかないのです。
その感覚がない人は、どんな仕事でも大成する事は難しいでしょう!

⇒社会保険労務士の業務が分かるインタビュー特集